bibliography

<English version is under construction>

[作品評]

  • 竹口浩司「声なき声を響かせるために」、『民族藝術』第31号、2015
  • 山崎明子「現代日本におけるテキスタイル・アート—呉夏枝の作品をめぐる「記憶」の表象」,『美術運動史』No.144、2014年
  • 山﨑明子「「針々と、たんたんと」—今、手仕事に向き合うアーティストのまなざし」『AC×2』、国際藝術センター青森、No.15、2014年
  • 李静和「おとずれる記憶、おくりとどける記憶—その後 残骸にふれること・・・岡村(オ)夏枝(ハヂ)の黄麻(サンベ)の棲殻(スミカ)へ」立教大学ジェンダーフォーラム年報第15号、2014年 PDFダウンロード
  • 小勝禮子「境界線上に立って-90〜00年代に生きる女性の表現」『女子美術大学創立110周年記念事業シンポジウム「現代アジアの女性作家」報告書』、女子美術大学、2011年
  • 近藤由紀「織り目からこぼれおちるもの」『国際芸術センター青森「HOME」展アーティスト・イン・レジデンスプログラム2009/秋』図録、2010年
  • レベッカ・ジェニスン「呉夏枝と琴仙姫の作品における「ポストメモリー」,李静和編『残傷の音「アジア・政治・アートの未来へ」』岩波書店、2009年
  • 金惠信「繰りかえしと語りのしぐさをかたちにする」、李静和編『残傷の音「アジア・政治・アートの未来へ」』岩波書店、2009年
  • Rebecca JENNISON “Personal Geographies, Public Space: Contemporary Art on the Borderlines” in Japan” 『精華大学紀要』第33号、2007年、(English)

[記事/新聞・雑誌・web]

[執筆]

<博士論文>

  • 「メタファーとしてのtextile-織物—<沈黙の記憶>をめぐって」、京都市立芸術大学、2012

<エッセイ>

  • 「まちひとの記憶をほどいて編む kioku手芸館たんすでの試みから」『染織情報α』、染織と生活社,2014年
  • 「針々と、たんたんと」『呉夏枝×青森市所蔵作品展 「針々と、たんたんと」』図録、青森公立大学 国際芸術センター青森,2013年
  • What does the Ethnic Costume Represent?” ASIA CPLLOQUIA PAPERS Vol.1No.3 York Center for Asian Research, 2011年(English)
  • 「衣服を通して自らのルーツを問うアート」月刊『染織α』No.290、染織と生活社、2005年
  • 「一本の糸から民族衣装をつくる−在日韓国人としての私の制作」『あいだ』110号、あいだの会、2005年

 

[カタログ・作品掲載]

2014 『Going, going, until I meet the tide』展図録、釜山ビエンナーレ組織委員会

2014 『Breaker Project Document Book 2011-2013』図録、Breaker Project実行委員会

2013 『呉夏枝×青森市所蔵作品展 針々と、たんたんと』図録、青森公立大学 国際芸術センター青森

2011 『Inner Voices—内なる声』展図録、ACCESS

2010 『国際芸術センター青森「HOME」展アーティスト・イン・レジデンスプログラム2009/秋』図録、国際芸術センター青森AIR実行委員会

2009   李静和編『残傷の音「アジア・政治・アートの未来へ」』岩波書店

2008   表紙、池内靖子『女優の誕生と終焉—パフォーマンスとジェンダー―』平凡社

2006     『ニッポンvs美術—近代日本画と現代美術:大観・栖鳳から村上隆まで』展図録、東方出版、

 

[アーティストトーク]

2014 「アート、トラウマ、アート、トラウマ、ほどく精神の営み」呉夏枝×宮地尚子、問いかけながら道を行く実行委員会(東京)

2014 kioku手芸館「たんす」

2013 国際芸術センター青森

2011 金沢21世紀美術館

2010   “Dialogues with place—身体と場所の記憶“ 主催:介入の芸術共同研究プログラムプロジェクト「あるものがたり—朗読/声をはじまりとして」(京都芸術センター)

2009   “What does the ethnic costume represent?” York Center for Asian Research,(ヨーク大学、トロント、カナダ)

2008 HOUSE OF COMFORT in Osaka 「テキスタイルで表現する現代美術」大阪ドーンセンター

   <立命館大学国際言語文化研究所春季特別企画>主催:国際言語文化研究所プロジェクトA1(ジェンダー研究会)

共催:「アジア・政治・アート」プロジェクト(成蹊大学)、モダニズム研究会、テーマ: アーテイストとの対話—「未発の言葉」を求めて(立命館大学、京都)

2007   佐喜眞美術館(沖縄) アジア・政治・アート研究会

2006   フィリピン大学 ディリマン校、ミンダナオ校

2004 「オリエンティティー」コリアン系アーティスト展関連企画 京都芸術センター

         「コリアンディアスポラアートの現在」東京経済大学国際学術シンポジューム

その他、甲南大学(神戸)、成蹊大学(東京)、京都造形大学(京都)にてゲストレクチャー